人気ブログランキング |

カテゴリ:中部( 3 )


2017年 04月 09日

18きっぷ(2017春)ラスト

新年度突入。人事異動はいいのですが、残留組にかかる負担というものを感じる毎日。
さて、18きっぷ(春)5日目。
かねてより行きたかった御殿場線の山北へ。天気はともかく…。
a0355257_21350199.jpg
2017.4.8 御殿場線 山北ー谷峨

臨時特急富士山ごてんば号。ちゃんと表示されていたので、あさぎりではない。
MSEの青が桜の淡いピンクといい相性ですね。
a0355257_21383168.jpg
同日 同所

こういうのもいいかなと。
そのほかのスナップはまた後で。
a0355257_21393704.jpg
同日 御殿場線 谷峨ー駿河小山

うっかり鉄さんが羽越本線でやっていたような構図。
車両の種類が少ないのがネックですが、御殿場線でもできます。おまけに駿河小山から徒歩10分ほどのお手軽さ。
a0355257_21421418.jpg
同日 同所

雨が降っていたこともあって、ギラリマシマシ。
a0355257_21433496.jpg
同日 御殿場線 谷峨ー山北

山北に戻ってまた別のポイントから。
今回は俯瞰構図ができなかったので、リベンジ候補。
a0355257_21460551.jpg
同日 同所

さて、山北とくればライトアップされた夜桜。
しかし、ISOを上げれどネットで見るような色合いになりません。
どうやら、スローシャッターにしないと色味が出ないようです…。あきらめて流しましょう。
a0355257_21483363.jpg
同日 同所

えー…、合成写真です(白状)。うまくできたと思います(笑)。
構図というか、いろんな楽しみ方があると思うので、また(来年)来たいです。
~~~~~~~~~~~~スナップ集~~~~~~~~~~~~
a0355257_21514815.jpg
a0355257_21525519.jpg


by yobp8231 | 2017-04-09 21:53 | 中部 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 31日

18きっぷ冬・1日目

有給休暇を2日、年末の休業日を利用して3泊4日の18きっぷ旅をしてきました。
身体がボロボロです(笑)。

さて、3泊4日の初日は末広橋梁を目指しました。
ながらがとれなかったので、4:37の始発からエンドレスな乗り継ぎでした…。
おまけに、四日市駅のレンタサイクルは年末休業というおまけつき。
a0355257_00265618.jpg
途中の踏切外から。
一応平日とだけあって、上がってました。
a0355257_00273032.jpg
到着です。四日市駅から徒歩20分といったところです。
a0355257_00275439.jpg
さあ、いよいよ!wkwk。
a0355257_00284065.jpg
関西本線 富田ー四日市(末広橋梁) (14:50頃)

そして、肝心なときに曇る(泣)。
最後の最後で厄年か、それとも日ごろの行いか?
a0355257_00292875.jpg
同線 永和ー弥冨 

レンタサイクルできなかったので、快速みえと近鉄を駆使して白鳥信号所に何とかたどり着きました。
普電ですが、名古屋方でまず1枚。
a0355257_00300545.jpg
同線 弥富ー永和 

本日のお目当てpart2、DD51重連の石油貨物。
もともとの天気予報からすれば、雨に降られなかっただけましかな?

2日目に続きます。


by yobp8231 | 2016-12-31 00:30 | 中部 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 06日

富士山巡り

時期を遡り、2015年末。
デジタル一眼(D7200)を購入してすぐ向かったのは富士山でした。
上野東京ラインは偉大ですね…。寝てやら熱海まで移動できるZzz…。

まずは身延線へ。

a0355257_19573422.jpg

身延線 入山瀬―竪堀(2015/12/29)

このあとの特急「ふじかわ」が本命だったのですが、富士山に雲がモロ被りで退却…。

富士山の逆ならまだいけるのでは?と期待を込めて御殿場線へ。
車窓から見える景色は曇天でほぼあきらめかけていましたが、撮影地に到着し、あさぎりを待っていると奇跡的に光が差して…。

a0355257_19583273.jpg
                                    
御殿場線 御殿場―足柄(2015/12/29)

構図がまだまだなのがよくわかる1枚。
いつの日かリベンジしたいですね。
まずは山北の桜になりそうですが。



by yobp8231 | 2016-02-06 22:48 | 中部 | Trackback | Comments(0)