2018年 05月 27日

急行色のある風景

んー、2日目は曇る予報だったのですが、朝ネカフェを出ると雲があまりない。
期待はせずに行程を消化しましたが、今回はいい意味で裏切ってくれました。
a0355257_22094468.jpg
2018.5.27 越後線 出雲崎―妙法寺
D750 TAMRON 70-200mm F2.8

本当はもう50mほど前に出てカーブから直線に入る構図を狙っていたのですが、お1人様限定の立ち位置のようで。
予報が外れてこの空模様だったので、助かりました。
この編成なら、もっとサイドから撮るべきですね。
a0355257_22124444.jpg
同日 分水―粟生津
D750 TAMRON 70-200mm F2.8

分水の鉄橋に追いかけるという強者との会話から、その先まで行けば余裕で間に合うか?間に合いました。
早苗が伸びておらずで、水鏡にもなってgood。
a0355257_22145448.jpg
同日 同所
D750 TAMRON 24-70mm F2.8

N37編成も近くまで来ていましたが、光線の関係でアングルに悩んでいました。
「この時期に弥彦山がこれだけクリアなのは珍しい」とのありがたいお言葉をいただき、サイドがちの構図の発想がえられました。
正直、「空気云々なら冬場に撮ればいいんじゃね?」と思うところです。なので、水鏡で季節感を演出。
a0355257_22182096.jpg
同日 只見線 越後田中―越後須原
D750 TAMRON 24-70mm F2.8(※トリミング済み)

レンズは選択ミスです(お許しを)。
駐車場が近いのはメリットでもあり、デメリットになりうる。
a0355257_22195696.jpg
同日 大白川―(田子倉)只見
同機材

曇りを前提にしたテキトーなポイント。
大白川すぐの鉄橋は国道沿いの構図が有名ですが、今でも使われているのかは怪しい吊り橋を構図に入れてみました。
a0355257_22221301.jpg
同日 上越線 越後川口―小千谷
同機材(※トリミング済み)

復路がいきなり上越線なのは後で説明します…。
ここも曇りを前提にしたスナップもどきポイント。
前日のドライブ中に、この木造建築と踏切を目にして惹かれてしまいました。
もっとうまく切りとれそうなので、どなたかお願いします。
a0355257_22250588.jpg
モノクロームで遊んだらやっぱりハマる。

~~~~~~~~~~~~~~~
言い訳タイム
………………
a0355257_22274629.jpg
越後須原―越後田中

季節外れのこいのぼりを見つけて小躍り。
住民の方に撮影を快諾いただき、合成を前提に泳いでいるカットも撮れたものの、通過5分前に❝逆向きに❞ポールに絡みつく状態に…。
「風よ吹け!せめて反対側に!」などと念じている間に、無情にもキハは通過していったのであった…。
もし許されるのであれば、リベンジしてみたいものである。

[PR]

by yobp8231 | 2018-05-27 23:30 | 新潟 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rainyman.exblog.jp/tb/238549265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード


<< 梅雨入り前の晴れを堪能(…のはずが)      #東京カメラ部(笑)が寄り付か... >>