2017年 12月 10日

クリスマス仕様の大樹を撮影

昨年は日光詣スペーシアのギラリを追って足繁く通った日光。
今年は大樹とリバティでお世話になりました。
今日は、クリスマス仕様となっている大樹のHMを中心に撮影してきました。
a0355257_21541200.jpg
2017.12.10 東武鉄道 新高徳―大桑(SL大樹2号)
D500 NIKKOR 80-400mm F4.5-5.6

1号は起床事故により撮影できず…大馬鹿者。
砥川橋梁を超え、旧道をくぐったあたりまでは安定して煙を吐いていますが、今日はストレート区間もサービス(?)の煙がモクモク!
陽炎の影響少なく撮ることができました。
あと、地味に新機材投入です。
ほんとの狙いは薄暮・夜間のAFによる撮影なのですが、RAWでも連写できるのと、SLなので画素数を気にしなくてよいことから初実戦。
XQDカードはともかく、レリーズを用意したらしばらく課金は打ち止めです(宣言)。
a0355257_21550246.jpg
カメラの角度だけ調整して、スナップ風カット。
こういうカットも撮りたいのですが、切り位置やら露出調整やら自分にはまだまだ難しい領域…。
a0355257_17470490.jpg
同日 同区間(SL大樹3号)
D750 TAMRON 70-200mm F2.8

栗原交差点のお立ち台(?)。大樹を撮るのは初めてです。
ベストアングルにヤシの木があるのが難ですよねぇ。
光線も半逆光がいいところなのも惜しい。
ドレインはカーブ手前のストレートで盛大に吐きます。
a0355257_18042935.jpg
同日 同区間(SL大樹4号)
D500 TAMRON 70-200mm F2.8

覚悟はしてましたが、やはりここを絶気なのか…。
GPVの予想通りの薄雲の中、橋梁にさしかかる前までは吐いていた煙はパタッとやみました。
盛大に鳴らした汽笛の白煙が、サイドから撮った方たちにとってはごまかすことのできるプレゼントのようです。
正面勢からすれば、煙突が余計に寂しくなるだけなので無視して切り位置で撮影。
気温の低い時期ならワンチャンあるかと思いましたが、そうもいかないのがSLの難しいところであり、醍醐味(「大」量の「ゴミ」写真)でもあります。

来週は18きっぷでプチ遠征をかまそうかと企画中。
主に、中央東線と小田急にする予定です。

[PR]

by yobp8231 | 2017-12-10 18:20 | 栃木 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rainyman.exblog.jp/tb/238066317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード


<< 振り子列車の撮影へ      撮り残した秋を探して >>